■ プロフィール
profilephoto
■ 最新記事
■ カテゴリ
■ コメント
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマットバージョンアップのお知らせ
    watanabe (04/18)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    hasu (03/12)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    J-B BAR (02/15)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    ise (02/07)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    午来 亮 (10/24)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    kaname (10/20)
  • 月末に慌てない原価管理の仕方
    新原 典明 (10/12)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    T-t (09/25)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    わたなべ (08/27)
  • 簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット
    ib (08/23)
■ トラックバック
■ リンク
■ QRコード
qrcode

飲食店繁盛ブログ!

個人経営の飲食店オーナーのために
繁盛店作りの経営ノウハウを、無料で公開しているブログ

ご質問には、ブログ上でお答えしていきますので、
メールやコメントをお待ちしています。

元気出していこう 個人店!

   ご意見・リクエストはこちらへ

ブログに何を書いたら良いのでしょうか?
 ブログの読者の方から、メールでご相談を頂きました。
以下に、原文のまま転載します(実名は伏せますので、ご了承ください) 
はじめまして、福岡県で現在たこ焼きを車で販売しておりますKと申します。 突然のメール申し訳ありません。

つい最近、宮坂憲司さんのブログをネットで拝見させていただきました。
自分にとって、とても為になるような事が書いてあったのでいっきに過去のブログから読ませて頂きました。
中でも特にSNS・ブログを活用する事が今の自分にとって不可欠なのだなと痛感しました。
今年の末に店舗を出す予定です。なのでそれを機にブログを始めようと思っています。
早速、宮坂さんの記事を読んだ後ブログに関する本を買いあさり勉強をしました。
どの本も、そのお店のブログを書くときその人のプライベートな事ではなく、お店の情報、例えば「今朝〜を仕入れました!」などの事をできれば毎日書いた方がいいと書いてありました。ただ、自分は機械が苦手で今までSNSを使った事がなかったので、何をブログに書けば良いのか正直わかりません。
たこ焼き店なので居酒屋みたいに品目の種類も少なく、6種類しかありません。

宮坂さんのおっしゃる通り、休みの日に食べ歩きの事を書く事はできたとしても、店のこだわりなどを書いても毎日は書き続ける自信。twitterも最近初めて、一応移動販売なので、その日の出店先を書いてはいますが。。。
私のように取り扱う種類が少ない飲食の方は何をかけばいいのでしょうか?
もしよろしければアドバイス頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。
おそらく、以下の記事を読んでのご質問だと思います。

今年こそはブログを始める その1

それでは回答です。

Kさんご自身が心配されている通り、6アイテムの業態ではブログのネタには苦労するはずです。

私がKさんにお勧めするのは、ブログではなく、Facebookの活用です。

ご存知のようにFacebookは、世界一の規模を誇る巨大SNSですね。
日本国内のアクティブユーザー数も2100万人を超え、そのうち86%がスマホからの利用だという調査結果が出ています。

日本のFacebookアクティブユーザーは2100万人 86%はスマホから(ITmediaニュース)

Facebookには、個人のアカウントとは別にお店のアカウント(Facebookページといいます)が簡単に作れます。

ブログですと、わざわざサイトを訪問してもらわないと記事を読ませることが出来ません。
Facebookの場合は、「いいね!」してくれている人のニュースフィードに記事が表示されます。
また、ブログに比べてコメントが付き易い、シェアしてもらえるなど、SNSならではの特徴があります。
他にも、お店を訪れた人が、その場所を投稿する「チェックイン」という機能もあり、お店の宣伝になります。

ブログで発信される情報量は、

投稿者(お店の投稿)>読者(お客様のコメント)

という関係です。

一方、Facebookで発信される情報量は、

投稿者(お店の投稿、コメント)<(お客様のコメント、シェア)

という関係に育てることが可能です。

最後に、私のお付合い先のパスタ屋さんの事例をご紹介しましょう。
このお店のメイン商品は、パスタ2品のみです。
Facebookは頑張っていますが、ブログはやっていません。

フォークダンス Facebookページ

という訳で、KさんにもFacebookの活用をお勧めします。

| 集客のノウハウ | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
インデックス
これまでに書いた主な記事の索引です


2006.09.20 一駅隣りの師と友つくり
2006.09.21 スポーツジムに行こうかな
2006.09.22 どんな本を参考にするか?
2006.09.24 ナンパはご法度?
2006.09.25 お客さんが一番落としやすい
2006.09.26 トワイライトゾーンへようこそ
2006.09.27 サービスの一品の出番です
2006.09.28 おっと、ここも満席か!
2006.09.29 ネットでレシピをサクサク集める
2006.10.02 メールチラシって、もらってうれしいですか?
2006.10.06 キープは、ボトルだけじゃない
2006.10.09 クチコミサイトで集客に挑戦 初級編
2006.10.14 クチコミサイトで集客に挑戦 中級編
2006.10.16 クチコミサイトで集客に挑戦 上級編
2006.10.18 チェーン店をバカにしないで!
2006.10.21 今日もネットで外食情報収集
2006.10.23 スタンプカードは永遠に不滅です!
2006.10.30 飲食店経営によく効くブログ
2006.11.04 ヒットメニューづくりの算数
2006.11.08 『客が来ない』と嘆くその前に
2006.11.13 名刺はもらうものではなく、交換するもの
2006.11.20 名刺をもらったその後に
2006.11.28 マスコミに出よう
2006.12.05 飲んだ後のラーメンは危険です!
2006.12.13 店長が育たない。。。
2006.12.19 それは、お店のコンセプトじゃありませんよ
2007.04.04 ランキングはタブーですか?
2007.05.16 メルマガのレスポンスが3倍になりました!
2007.05.29 売上不振に悩んだらポスティング 前編
2007.05.31 売上不振に悩んだらポスティング 後篇
2007.06.13 ホームページを作ってはみたけれど。。。初級編
2007.06.20 ホームページを作ってはみたけれど。。。中級編
2007.06.27 ホームページを作ってはみたけれど。。。上級編
2007.07.04 mixi(ミクシィ)を集客に使う
2007.07.18 月末に慌てない原価管理の仕方
2007.07.25 最初のうちは日払いが一番
2007.08.01 脱!! ブログの三重苦
2007.08.08 あわやブログが炎上!!
2007.08.15 ホントに隠れ家で良いのですか?
2007.08.22 外人さん、いらっしゃい
2007.08.29 飲食店経営によく効くメルマガ
2007.09.05 店主が病気 その時 店は。。。
2007.09.12 それじゃ会議になってないでしょう!?
2007.09.19 『ぐるなび』の効果に翳りが。。。
2007.09.26 ブログでガンガン紹介してもらうには
2007.10.13 食材で勝負する時代
2007.10.18 ぐるなびとホームページのイイトコ取り
2007.11.07 2店舗目の出し方
2007.11.14 生産者と直接付き合う
2007.11.21 店舗見学の仕方
2007.12.06 勉強会を発足しよう
2007.12.13 来年こそはブログを始める その1
2007.12.19 来年こそはブログを始める その2
2007.12.25 来年こそはブログを始める その3
2008.01.10 腕の良い料理人を採用すべきなのか?
2008.01.17 お洒落な経営者が成功する!?
2008.02.14 居酒屋の来店頻度アップの決め手は“定番酒”
2008.02.21 売上目標達成は、自店の来店頻度を把握することから
2009.04.09 “早割”と“遅割”をランチ集客に活用
2009.04.18 簡単入力!飲食店向け日次決算フォーマット
2009.06.12 その1 飲食店を取り巻くネット環境
2010.02.24 ネット販促の主流は『ぐるなび』から『食べログ』へ
2010.05.03 共同経営の闇
2010.10.17 ロードサイド物件の見方
2011.03.19 外食自粛でも行列のできる店々
2011.05.05 新しい商売のヒント
2011.08.08 2店舗目の出し方:秋元屋の成功事例に学ぶ
| インデックス | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
2店舗目の出し方:秋元屋の成功事例に学ぶ
 4年程前に、『2店舗目の出し方』というタイトルで記事を書きました。

今回は、その好事例として、秋元屋(野方/やきとん)のケースをご紹介します。

秋元屋は、創業8年余りですが、すでに東京を代表する“やきとん”の1店に数えられる繁盛店です。

食べログ 秋元屋(野方本店/東京都中野区)

これまで、ここ秋元屋から独立した店舗は、いくつかありましたが、支店はありませんでした。
ようやく、今年の1月に満を持して出店したのが、桜台支店です。

食べログ 秋元屋(桜台支店/東京都練馬区)

まだ、オープンから半年余りですが、連日、ウェイティングが出る盛況ぶりです。
普段着で来ているようなお客がほとんどで、しっかりと、地元のリピーターを掴んでいることが解ります。

では、以下に、成功のポイントを分析してみましょう。

1.立地選定

  本店のある野方駅は、西武新宿線沿線の小さな駅で、1日の乗降客数は2万人程しかありません。駅前の商店街を抜けると、もうすぐに住宅街に広がっています。

  片や、支店を出した桜台駅は、西武池袋線沿線で、1日の乗降客数は、更に少なく1万3千人程で、こちらも静かなベットタウンです。

  この2つの駅は、同じ西武線でも、沿線が異なるため、電車での行き来には、
高田馬場〜目白〜池袋という具合に、一度、山手線を経由しなければならず、40分も掛ります。

  一方、車での行き来では、環状7号線で一気に移動できますので、距離にしてわずか3kmほどです。

  つまり、この2店舗は、商圏としては被り難く、店舗の管理は、し易いという好都合な関係にあることが解ります。

2.物件選定

  オーナーの気持ちとしては、1店目で大成功すると、2店目はもっと大きくて立派な店を作りたくなるところですが、野方本店が70席(途中で増築)もあるのに比べて、桜台支店は23席しかありません。(つまり、小さい)
  駅近ですが、支店の家賃が本店に比べて格段に安いことは明らかです。

  もし万一、支店がコケたとしても、本店の利益でカバー出来ると、見越している訳です。

3.人材選定

  オーナーの秋元社長は、オープン日から支店に付きっ切りとなり、ご祝儀に訪れる本店の常連客への対応に奮闘していましたが、ぴったり1週間で本店に戻ってしまいました。

  あとを守るのは、本店の1番手だった三浦さんと、2番手だった手島さんです。
  (常連達の評判では、三浦さんの焼き方の腕前は、秋元社長以上だそうです。)

  2店舗目の立ち上げの苦しさは、創業に近いものがあります。
  本店の店長クラスでも、そのプレッシャーに負けて、潰れてしまうことは珍しくありません。

  エース級の2人を投入することで、責任者の負荷を分散した点が、人選の妙です。

最後に

支店のオープン後、一時、本店から常連客が他店へ離れたとも聞いています。
エース級の2人を抜くことは、オーナーとしては、大変な決断だったと思います。
自身が身体を張って本店を守る覚悟があったからこそ、出来た人選だと言えます。


  
| 多店舗化のノウハウ | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しい商売のヒント
 ブログの読者の方から、業態開発についてのご相談をメールで頂きました。
以下に、原文のまま転載します(実名は伏せますので、ご了承ください)

飲食業には新規で参入するのですが、今までにあるような同じ商売の仕方では勝負は厳しいと考えています。
今までに斬新な手法(内装・販売方法・パフーマンス等)で成功した事例を参考に新しい商売をしたいと考えています。

ネットで検索してもでてこないのでもしそのようなサイトや記事をまとめてある物があったら教えて頂きたいです。

(中略)
 
 新規で飲食を始めようと思っているので何点かアイデアが浮かんではいるのですがビビっとくる物がなく迷走しています。
 新規参入でこうと決まれば突っ走れるので是非参考になる物があれば助かります。


以下が、私からの回答です。

K 様

さて、ご質問への回答ですが、
K様がイメージされている“斬新な手法”というものを、
都合良くまとめてくれているようなサイトはないと思います。
 
元来、情報というものは、“まとめられる”ようになった時点で、既に陳腐化しているものです。
実際のところ、私も、苦労してネットから“まとまる前”の情報を拾っているというのが現実です。
 
また、コンサルタントの立場からも、
事業としての継続性が証明されていない短期の成功事例を、
安易にお勧めすることは控えたいと思います。
あくまで、情報収集という観点から、参考になりそうなサイトをご紹介しますので、ご了承ください。
 
前置きが長くなりました。
 
ざっと列挙してみましたが、私自身は、主に以下のサイトを定期的にチェックしています。
 
各サイトとも、ホームページ、ブログ、メルマガ、ツイッターなどを通じて、内外の飲食業界の最新動向を伝えてくれていますので、
メルマガやツイッターといったツールを中心に情報を拾っていくと楽です。
 
 
・Food104
 http://food104.com/ 主催:王 利彰
 
・FoodRoop
 http://www.foodroop.com/index.php 主催:東浦 眞也
 
・フードリンク
 http://www.foodrink.co.jp/ 主催:安田 正明
 
・フードスタジアム
 http://www.food-stadium.com/ 主催:佐藤 こうぞう
 
・飲食店繁盛会
 http://www.hanjoukai.com/ 主催:笹岡 はじめ
 
(敬称略)
 
 
ただ、ネットで流れる情報は、何らかの意図を持って“流されている情報”であることも、理解してください。
 
ネットで“ビビッとくる”情報に出会ったら、情報の発信元から直接お話しを聞くようにしてください。
上記のサイトのセミナーなどに参加すれば、主催者の方とも容易にコンタクトが出来ます。
 
また、業態のブラッシュアップや開発に熱心な飲食店経営者と親交を深めることでも、貴重な生情報を得られます。
私も、10年来、こういった方々が集まる勉強会に、毎月、定期参加しています。
 
つまるところ、実際に役に立つ情報は、オフライン(直接会って話す)でしか得られない!
というのが、私の率直な考えです。
| 独立準備 | 15:29 | comments(1) | trackbacks(0) |
外食自粛でも行列のできる店々
 昨晩、日頃から懇意にして頂いている飲食店の経営者2人と銀座を視察しました。

金曜日の夕方だというのに、街の中心、中央通りは人影も疎ら、閉まっている店も多くみられ、
震災直後から続く自粛ムードの影響は深刻です。

1店目・・・

梅丘寿司の美登利総本店 銀座店

普段なら1日中行列が絶えない有名店ですが、入店した16時半頃は、まだ空席が目立ちました。
やがて、17時を過ぎる頃から、次々と来店があり、あっと言う間に満席です。

2店目・・・

ロックフィッシュ

美登利寿司の向かいのビルの2階。氷無しの角ハイボールで有名なバーです。
立ち飲み中心の店内は、緩やかに満席でしたが、こちらも次々とお客さんが来るので、
その都度、先客たちが少しずつ場所を詰め合って、迎え入れていました。

その後、私一人で・・・

秋元屋 桜台店

野方のやきとんの名店、秋元屋が今年の1月に出した初の支店で、
オープン以来、常に満席の状態が続いています。
2号店の出し方としては、大成功した好事例ですので、その分析については、日を改めて書きます。

20時頃覗いてみましたが、やはり、満席で、店長の三浦さんに挨拶だけして失礼しました。

そして、感想・・・

.曠好團織螢謄

3店とも、店内には和やかな空気と笑い声が溢れていました。

マスコミやネット上には、“自粛”、“自粛”の二文字が踊っていますが、
その実は、自粛ではなく、震災後の先行き不安による“畏縮”だと感じます。

この畏縮した心を解き放ってくれるホスピタリティのある店だけに、
救いを求めるお客さんが吸い寄せられるように集まってくるのです。

頭一つ抜き出た商品力

死ぬ前に、もう一度だけ食べたい“最期めし”。

3店に通じるのは、そのレベルまで磨いた商品(料理)の魅力です。
どれもが、時間を掛けて、よく研究された上で提供されていることが伝わってきます。

H棒硬校觧,寮箙イ離船礇鵐

東京でも、本当に一部の繁盛店だけに、お客さんが集中しています。
そこでは、非常時といえる今だからこそ、人間の根源にある欲求が見えてくる気がします。

今は、小さな飲食店が、あがいても、どうにもなりません。
思い切って1日店を閉めて、繁盛店の視察に出掛けてみては、いかがでしょうか?
じき、“自粛疲れ”で、街に人々が戻ってきます。
その時、きっと、視察から学んだことが役に立ちます。
| 経営者マインド | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
居酒屋・ダイニング 売れるポテトメニューセミナー
延期のお知らせ

2011 3 11 日に発生いたしました東日本大地震により、
多くの尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げるとともに、
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と一刻も早い復旧を心より祈念申し上げます。

 

このたびの大地震の影響により、電力供給、交通など今までかつてない程の大きな被害が生じている中、未だに震災拡大のリスクも残っており、324日(木)織田調理師専門学校で開催の米国ポテト協会主催「居酒屋・ダイニング売れるポテトメニューセミナー」の安全で円滑な運営が行える見込みが立たないと判断いたしまして、今回のセミナー開催の延期を決定いたしました。
ご多用中お申込みをいただきましたこと心より感謝いたします。
誠にありがとうございます。
また、多くの皆様に参加のお申込みをいただきつつも、このような決断をいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 

現在は、56月開催に向けて進めたいと考えておりますが、情勢が落ち着き次第、日程など決定いたしまして、あらためましてご案内させていただき次回参加のご検討をお願い出来ればと考えております。
誠に勝手ではございますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

 

繰り返しになりますが、このような決断に至りましたことを御理解いただけますよう何卒よろしくお願い申しあげます。

 

 

米国ポテト協会 日本代表事務所

プログラム ディレクター 田中敬一


ご連絡先:居酒屋・ダイニング ポテトセミナー事務局

蝪董Rセールスプロモート内 田辺昌美

電話:03-3553-7510


 


『月刊飲食店経営』前編集長の千葉哲幸さんが、
「一軒め酒場」を開発した衢槝掲蟻蹐涼酒匡俊部長と
セミナーを開催いたします。

会費は無料です。

詳細は添付ファイルをご覧ください。





一軒め酒場は、「究極の大衆居酒屋」と言える
単品価格が100円台、200円台、客単価1600円
という業態です。
常識を覆す低価格ですが、絶妙なメニューミックスで
原価率36%、
イニシャルコストを抑えることで、
収益性が高いことが特徴です。
 
2009年12月に1号店をオープンして以来、
着実に展開し現在23店舗となっております。
モデル店とも言える池袋南口店では、
朝8時から夜12時までの営業、110
席で月商1900万円を
達成しています。
 
この、「サプライズのある価値創造」を実現した一軒め酒場は、
いかにして誕生したのか。
居酒屋、飲食店が、今日の業況を乗り越えるために
どのような
対策をとるべきか、ご提案いたします。
 
また、同セミナーの主催は米国ポテト協会です。
同協会からの米国ポテトを使用した人気が高まり利益を獲得する
メニュー開発についてもご紹介していただけます。
 
居酒屋、飲食店の、店長、料理長、経営者、幹部社員など、
たくさんの方々にご参考となるセミナーです。

私、宮坂も参加予定です。是非会場にお越しください。
 
 
●日時:3月24日(木) 12時〜15時20分
●会場:織田調理師専門学校 JR中野駅北口 徒歩1分
●会費:無料
 
お申し込みは、添付のチラシ2枚目をプリントしていただき、
記入欄にご記入していただき、FAX番号03−3585−1216
中澤宛さんてに
ファクスしてください。
 
●チラシでは、締め切りが3月10日となっておりますが、
18日(金)まで大丈夫です。
| セミナー・研究会のお知らせ | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロードサイド物件の見方
ブログの読者の方から、出店についてのご相談をメールで頂きました。
以下に、原文のまま転載します(実名は伏せますので、ご了承ください)
宮坂憲司さまへ
 
今回、飲食店を出店しようと考えています。
 
場所は、
 
F県M市の物件です。
 
http://www.xxxxxxxxxxの不動産やさんの
元Wコーヒーの店舗の居抜き(数年前に撤退)
その後、
天ぷらやが一年、石焼き屋さんが3ヶ月で撤退と
立地は悪いでしょう。多分・・・・
 
現在、片側二車線の中央分離帯ありの立地です。
隣はらーめん屋さんで盛業中。
 
現在、賃料を不動産屋さんと交渉中です。
18万/月を9万/月で交渉中です。
 
この場所で、和カフェをやろうと思っています。
総投資は800万以内で借り入れ500〜600万位を予定しています。
 
水道は無く、井戸水、下水は通ったばかりでつながねばなりません。
エアコンや厨房設備は
撤去されていました。
 
情報が少ないのですがアドバイスをいただけたらと思っております。

以下が、私からの回答です。(赤字)部分で、補足説明します。

〕新錣寮依
 
不動産屋の物件詳細ページを確認しました。

 ■エステートMさん(不動産屋)の物件詳細情報
 http://www.xxxxxxxxxx

 グーグルのストリートビューで、付近の360°画像を確認しました。

■グーグルマップのストリートビュー
 http://maps.google.co.jp/maps?xxxxxxxxx

(これは、ひと昔前だったら、考えられない進歩ですね。
プライバシーの問題などで物議を醸しているサービスですが、
日本でも2007年から、順次、対象エリアを拡げています。
物件周辺の写真が、ぐるりと途切れくことなく見渡せます。
今回の物件は、私の居る所から数100厠イ譴討い泙垢里如
見に行くだけでも大仕事です。)


 ラーメン屋の評判を確認しました。

 ■Eラーメンの食べログ
 http://r.tabelog.com/xxxxxxxxxx

(食べログの掲載件数は、現在、約60万店。
人気店であれば、地方の店舗でも掲載されている点が魅力です。
クチコミの内容から、店舗の特徴や客層が、リアルに想像できます。)

 
⊇佚垢硫槌
 
■投資利益率(ROI)について 総投資額が800万とのことですので、
 年3割程度(240万)の投資利益を期待した場合、
 店舗の営業利益を売上の10%と仮定すると、
 必要な売上げは2400万/年となります。

(投資利益率を高く設定する場合は、それに合わせて売上目標も上がります)

  つまり、この場所で、月商200万以上売る自信があれば、
 出店しても良いと判断できます。
 まず、事前に、この数字をハッキリと見極めることが大切です。

(私は、立地の好し悪しに目を奪われずに、
投資に対してどのくらいの利益が見込めるのか?
を試算すべきだと考えています。

当然のことですが、好立地の物件は家賃が高いですし、
条件の悪い物件は、借り手に譲歩してどんどん安くなります。
好立地でも、家賃が高くて利益が出ない場合もあれば、
立地条件が悪くても、投資額と売上目標が低くければ、
楽に利益が得らる場合も出てきます。)


■出店業態と立地との整合性 物件の立地は、
 主要幹線の国道0号線沿いのロードサイトで、
 北は山間部に掛りますので、商圏人口は期待できず、
 南の市街地からの集客に頼ることになります。

 また、Mの市街地から向かった場合、
 反対車線に位置し、Uターンが必要となります。
 
(グーグルマップは、縮尺を自由に変えられるので、
航空写真で広域を俯瞰して見たり、ズームアップしたり、
地図やストリートビューで物件周辺を詳しく確認したりできます。)


 盛業のラーメン店は、
 トラックドライバー相手の24時間大衆食堂のようですね。
 ドライバーにとっては、車の止め易い良い休憩地点だと思います。

(繁盛店から、この辺りの客層の判断が付きます。)

  一方、和カフェの場合は、
 女性客とシニア層がターゲットになると思いますので、
 物件周辺の景観が良い場合や山間部に行楽地がある場合は、
 好立地となり得ます。

(出店予定の業態の想定客層を確認します。)

 ラブホテルが目の前にある事は、少々気になりますが。。。

(業態と立地には、相性があります。
まず、似たような立地で繁盛している店舗を探してみる事です。
その有無で、相性判断を行うのが無難です。

実際、我々コンサルタントは、これまでに見て来た物件の記憶の中から、
類似点の多いケースを引っ張り出してきて、相性を判断しています。)


 もし、名物のスイーツなど、強力な集客アイテムをお持ちでしたら、
 広域からの集客が期待できますので、
 それほど、立地にこだわる必要はありません。
 
 以上の条件を、
 ある程度満たしていない場合は、出店しても失敗しますので、
 他の業態を検討されるか、別の物件を探されることをお勧めします。
| 立地判断のノウハウ | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
お好み焼き『千房(チボウ)』の中井社長
特別講演のお知らせ
9月10日(金)新宿住友ホールにて、カンブリア宮殿にも登場し話題となったナニワの名物社長 中井政嗣氏講演会開催決定! !
「できるやんか!−人間って欠けているから伸びるんや−」

| セミナー・研究会のお知らせ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
共同経営の闇 Nさんからの返信
 Nさんから記事への返信を頂きました。

以下に転載します。

宮坂さまへ

ご回答有り難う御座いました。

共同の場合は頭が2つあります。
その頭がおなじ「方向」にむかっていないとちぐはぐと
なり駄目になります。

ご提案された
二時間の勉強会はとても良いと思います。
一応
毎週都度の売上の報告と
毎月都度のまとめを管理します。

あっ!そうです。HPに記載されていた「経理畑の方」と言うのは
間違いです。アパートの経理はやっていますがばりばりの経理はしていません。

一番問題なのは
お互いの意思疎通が出来ていない事です。
真剣に考えているのかがさっぱり判りません。
それを加味して
営業開始から数ヶ月(3〜4ヶ月)過ぎた時期に続けるか辞めるかを
決めようと思います。

厳しい経営環境の中で他店との競合に打ち勝っていくことは困難です。

の件

昨日東京のいとこが法事で来ていたのでそれらの話をしました。
他店との競合とは
言葉を変えれば「他店のお客」を取ると言う事でした。
その区域の飲食人口の数が決まっているからです。

アパートの場合も今の時代そのようです。
新成人の増加や会社の移動の需要がすくなくなり反面新築APが増える。
要するに「古いAP」から「新しいAP」への「移動」すると言う事です。
言葉を変えれば「お客」の取り合いとなります。

私は本件について「非常に厳しい」と言う認識を持っています
が出来るだけの事はしようと思います。
 
以上です。 では 益々のご活躍を J市 N

共同経営者とのコミュニケーションで苦労されておられる姿が伝わって参ります。

順序としては、こちらの考え方を相手に理解させようとするよりも、
まず、相手の話を聞く事が、人間関係を円滑にするコツです。

Nさんが板長さんから現場を学ぶ勉強会を、先行して行った方が良いと感じます。

また、文面から推察すると、もしや、共同経営のパートナーである“板長さん”は、
店舗に出資をしていないのかもしれません。

Nさんと折半で、開業資金を出していれば、投資回収に必死になるハズです。
共同経営の場合、各々が相応の資金負担をすることも、成功のためは必要です。

板長さんが、借金が出来るかどうかも、真剣度合いや信用力のバロメーターです。
| 経営者マインド | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
共同経営の闇
 先日、『簡単入力! 飲食店向け日次決算フォーマット』を差し上げた方から
返信を頂きましたが、その中には、居酒屋の共同経営に対する不安が
率直に綴られていました。

以下に、原文のまま転載します(実名は伏せますので、ご了承ください)

宮坂憲司さまへ

早速頂きました。

当方、アパートを経営していますが
今回飲食店(居酒屋類)を計画しています。
実際にお店に立ち立ち回る方は別に設定していますが
共同経営の形を取ります。

今回は今迄やった事のない業態ですが
私は経理関係を分担しようと考えています。

固定費や流動費はともかくとして
毎日の仕入れ
加工
販売
在庫
などの管理方法を知りません。

細かく区切ればノイローゼになりそうだし
大きく区切れば曖昧になるようです。

何をいくら買ったか?の家計簿を過去しばらく
つけていたのですがいやになりました。

その内に面倒くさいから
「トータル」で食費とした。

そうすると
金額でみてもなにに使ったのかが判らなくなります。

食費で6万円 では 何を節約すれば良いのかが判らなくなりま
す。

1 今回は家計簿ではなく「商売」なので説明が必要です。


2 メニューも予想。仕入れも予想
  唯一その後のお客様の「注文」のみが確定

お客様が予めリクエストすればそれに従って物事を進めれば一番簡単なの
ですが
それは宴会だけで普段は不可能。
それらの取り扱いがわかりません。

話がとりとめがなくてすみません。
不安が一杯です。


頂いた「店舗収支表」を後日噛み砕いてみます。

J市 N

そこで、今回は、現場経験の無い方が、共同経営の行う上での注意点です。

まず、Nさんのように経理畑の方と、飲食の現場たたき上げの方
(以下、仮に“板長さん”と呼びます)とで、共同経営を行った場合、
Nさんが期待するような収益を上げていくのは非常に難しいと言わざるをえません。

Nさんは、現場が全く解りませんから、数値で店を管理せざるを得ないでしょうし、
反対に、板長さんは、長年の経験と勘で店を運営していこうとするでしょう。

つまりは、いくら話し合っても、常に2人の議論は咬み合わないことになります。

結果として、いつも経営方針で対立して口喧嘩が絶えないか、
お互い自分の職域に逃げてしまって、相手と距離を置くことになってしまいます。

せっかく、Nさんが返信にお書きになったような管理手法を学んでも、
板長さんの共感が得られず、店舗運営には反映されないことになります。

これでは、厳しい経営環境の中で他店との競合に打ち勝っていくことは困難です。

私からNさんへのアドバイスは、以下の通りです。

Nさんと板長さんの2人で、経営の勉強会を週1〜2回行ってみてください。

内容は、Nさんが先生となって、板長さんに経理の仕事を教える会と、
板長さんに先生になってもらい、Nさんが現場の作業を学ぶ会の2つです。

時間は、1回2時間程度が良いと思いいます。

お互いが相手の苦労やスキルを理解し合うことで、信頼や尊敬が生まれ、
経営パートナーとの絆が強まります。

この際、決して、お手伝いや会議グにならないように注意してください。
必ず、一つ一つの作業の意味を、お互いの言葉から真摯に学んでください。

飲食店の経営者は、“現場に通じて数字に強(い)”ければ、鬼に金棒です。
チェーン店張りの管理手法を駆使しなくとも、繁盛間違いなしです。

もし、勉強会が億劫なようでしたら、経営に対する真剣味が足らないのだと、
自覚してください。

勉強しない経営者が成功できるワケがありませんから!

幸い開業前ということですから、今のうちから始めるべきです。

現場も、仕込みの段取りを考えたり、設備やレジの操作を覚えたりと、
実際の作業よりも管理的な要素が多く、Nさんにも、とっつき易い段階です。

板長さんには、内装費などで開業前に、どんどんお金が出て行く事や、
税金や保険など、見えない所にお金が掛る事を学んで頂くチャンスです。

“勉強会は、オープンして少し落ち着いていてからにしよう”と考えていても、
現場は、日々の業務に追われてしまいますので、まず、無理です。

何事も、最初が肝心です。
| 経営者マインド | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |


企画・制作

飲食店の経営コンサルティング 有限会社ミッション


■ バックナンバー
■ ツイッター


■ 食べログ

     
     口コミグルメサイト[食べログ]

■ オススメ&注目
飲食店経営 2013年 05月号 [雑誌]
飲食店経営 2013年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

フードビジネスの総合情報誌です
東京居酒屋名店三昧
東京居酒屋名店三昧 (JUGEMレビュー »)
石原 誠一郎,小関 敦之,浜田 信郎,藤原 法仁
ストコンに必携。
老舗居酒屋巡りのバイブルです。
横浜・湘南レストラン批評―グルメ“口コミ”サイトの巨人、久留米指向が選んだ
横浜・湘南レストラン批評―グルメ“口コミ”サイトの巨人、久留米指向が選んだ (JUGEMレビュー »)
久留米指向
気鋭のカリスマ・レビューアーが書いた
レストランガイド
新 精選東京の居酒屋
新 精選東京の居酒屋 (JUGEMレビュー »)
太田 和彦
東京の老舗居酒屋の呑み歩記ですが、
それよりも、詳細に紹介されたお品書きが
メニュー構成の参考になります。
おいしい晩酌 (Vol.5)
おいしい晩酌 (Vol.5) (JUGEMレビュー »)

繁盛店のレシピ満載のムックです。
 (JUGEMレビュー »)

フリーの高機能ペイントツール          『ピクトベア』の解説書。
「ひもしばり」健康法―腰痛・膝痛・体の痛み ひも1本で治す!
「ひもしばり」健康法―腰痛・膝痛・体の痛み ひも1本で治す! (JUGEMレビュー »)
奥村 耕二, 礒谷 圭秀
飲食の現場は、立ち仕事や水仕事なので、
腰痛に悩んでいる方が多いですね。
自分で簡単にできる腰痛解消法です。
■ その他